0
¥0

現在カート内に商品はございません。

個人輸入通販センター
個人輸入通販センター

経口ED薬の比較

傾口ED薬の特徴

2019年現在、世界には5種類の経口ED治療薬が存在します。
バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、ザイデナ(ウデナフィル)、ステンドラ(アバナフィル)です。
この内、アメリカではバイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラの4種類が、日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類が承認されています。

共通する事

経口のED薬は全て「PDE5阻害薬」という分類に該当する医薬品となります。
勃起にかかわる物質(cGMP)を分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)という酵素の働きを阻害する事により、勃起しやすい状態をもたらします。

同分類である事からよくみられる副作用(頭痛、鼻づまりなど)は共通するものが多く見られます。
しかし、それぞれ使用禁忌な状態、併用禁忌の医薬品等が異なります為、十分に添付文書の確認が必要にです。

各薬剤の特徴比較

※本情報はn日本及び米国の各薬剤の添付文書等の記載より抜粋しています。
実際の添付文書をかならず確認してください。

バイアグラ レビトラ シアリス ステンドラ
成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル アバナフィル
形状 青色菱形 オレンジ丸型 黄色涙型 白色楕円型
用量(配合量) 25mg,50mg,100mg 10mg,20mg 5mg,10mg,20mg 100mg,200mg
FDA承認日 1998/3/27 2003/8/19 2003/11/21 2012/4/27
特徴 治療数の多さ、安定性 吸収良く、硬くなりやすい 最大36時間、長時間作用 最速の効きはじめ
効きはじめ 30分~60分 60分程度 60分程度 15分~30分
投与後のピーク時間 0.8~1.2時間 60分程度 0.5~4時間(中央値3時間) 1.12~1.25時間
消失半減期(効果時間) 3.23~3.31時間 3.2〜5.3時間 14~15時間) 3時間程度
食事の影響 食後投与で影響が遅くみられる 標準的な食事では影響みられず 食事の有無にかかわらず投与可 食後投与で影響が遅くみられる
お酒の影響 記載見当たらず 薬物動態学的相互作用はみられず 薬物動態学的相互作用はみられず 降圧効果を高める可能性

カテゴリ一覧

ページトップへ