0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ビーファット個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


ビーファット
ビーファット

ビーファット

  • ジェネリック
  • 内服薬
  • 脂肪吸収阻害
商品コード: 247 ~ 249
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む

ビーファットとは?

リパーゼ阻害による抗肥満薬
食事の脂肪を30%前後抑制
ゼニカルと同成分で安価

ビーファットは何の治療薬?

ビーファット「肥満」の治療薬です。
食事の「油分」の吸収を阻害する薬です。
ゼニカルと同成分のオルリスタットを主成分としています。

ビーファットの主成分は?どんな作用?

ビーファットの主成分は「オルリスタット(Orlistat)」です。
リパーゼを阻害する事により、腸管からの脂肪吸収を抑制します。

リパーゼは脂肪を消化する酵素のひとつで、食物中の中性脂肪を脂肪酸とグリセリン(グリセロール)に分解します。
分解された脂肪酸とグリセリンは小腸の絨毛から体内に吸収され、体のエネルギーとして使われたり、脂肪として蓄えられます。
オルリスタットはこのリパーゼに働きかける事によって中性脂肪の分解を阻害し、食物中の中性脂肪の吸収を抑える事によって体重の減少へ繋げます。

研究では摂取した食事内容に含まれる脂肪の消化管からの吸収を30%前後抑制するとの事です。

ビーファットの飲み方(用法、用量)

ビーファットの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

ビーファットの保存方法は?

室温保存となっています。

ビーファットの注意事項

ビーファットには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「オルリスタット」に対し過敏症の既往歴のある人
※その他添付文書をご確認ください。

注意事項
・油性の下痢や便失禁の可能性があります
・脂溶性のビタミン(ビタミンA,D,E,βカロチンなど)の吸収も阻害されてしまいます。
 ビタミン補助剤での補給が推奨されています。
※その他添付文書をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

ビーファットの製造元

ビーファットはインタスファーマ(Intas Pharma)が製薬しています。
インドに拠点を持つジェネリックメーカーです。
イスラエルのグローバルメーカーTEVAの傘下となり、インド国内の他、英国をはじめとした80ヵ国以上の国に輸出を行っているメーカーです。

ビーファットの個人輸入について

ビーファット(Vyfat) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からビーファット(Vyfat) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: Intas Pharma (インタスファーマ)