0
¥0

現在カート内に商品はございません。

アボダート個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


アボダート
アボダート

アボダート

  • ブランド薬
  • 内服薬
  • AGA
  • 前立腺肥大
商品コード: 217 ~ 219
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

アボダートとは?

男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症の治療薬(同成分品)
脱毛を抑制し、毛髪の成長を延長
フィナステリドと比べ結成DHTの減少率が高い

アボダートは何の治療薬?

アボダート「男性型脱毛症(AGA)」の治療薬です。
日本国内では前立腺肥大症の治療薬に用いられています。

アボダートの主成分は?どんな作用?

アボダートの主成分は「デュタステリド(Dutasteride)」です。
5α還元酵素阻害薬と呼ばれる分類の薬となります。

男性型脱毛症(AGA)が起こる原因は男性ホルモンに関係があります。 男性ホルモンの「テストステロン」が5α還元酵素という酵素によって変換されると「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質になります。
このジヒドロテストステロン(DHT)はヒゲや体毛を脱毛を濃くしますが、一方、頭頂部や髪の生え際の脱毛に関わってきてしまいます。

デュタステリドはテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素、「5α還元酵素」の働きを阻害する事によって、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑えます。
結果、髪の毛の脱毛を抑える事に繋がります。

同分類である5α還元酵素阻害薬にはフィナステリド(プロペシアなど)があります。
比較試験では血清DHT値の減少がフィナステリドでは73%に比べ、デュタステリドでは92%の減少が確認されました。
また、フィナステリドの血清半減期は6~8時間に比べ、デュタステリドは3~5週間と長いようです。
その為、AGAの治療としてはフィナステリドに比べ、優れた効果が示される一方、男性性機能の低下など、副作用も強く見られてしまうようです。

アボダートの特徴

※当情報は同薬や同成分薬の添付文章、各国の医薬品情報サイト等を参照しています。
最新の情報等に欠ける可能性がございます為、予めご承知の上参考程度にご利用くださいませ。
医薬品の使用にあたりましては、必ず輸入した医薬品の添付文章を元に、医師等にご相談の上ご利用くださいませ。

アボダートは男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
脱毛に関わる男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロン(DHT)を生産する5α還元酵素を邪魔します。
5α還元酵素にはI型とII型がありますが、フィナステリド(プロペシアなど)はII型のみを阻害のに比べ、アボダートの主成分、デュタステリドはI型とII型のどちらもを阻害します。

アボダートの飲み方(用法、用量)

アボダートの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

アボダートの保存方法は?

室温保存となっています。

アボダートの成分と働き

アボダートの主成分は「デュタステリド(Dutasteride)」です。
5α-還元酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)産生を抑制します。
自己免疫機序による円形脱毛症等には効果は認められません。
同様に、女性型脱毛症に対しての使用は推奨されていません。

アボダートの注意事項

アボダートには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「デュタステリド」に対し過敏症の既往歴のある人
・重度の肝機能障害のある人
※その他禁忌事項、注意事項は添付文書をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

アボダートの製造元

アボダートはグラクソスミスクライン(GSK:Glaxosmithkline)が製薬しています。 イギリス、ロンドンに本社を置く、グローバル製薬企業です。
循環器系,中枢神経系,感染症,アレルギー系,癌など、あらゆる分野の医薬品を開発、販売しています。
世界初のH2ブロッカーや、ペニシリン系抗生物質、抗うつ薬(SSRI) など世界的売上規模を誇る製品を開発・発売しています。

アボダートの個人輸入について

アボダート(Avodart) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からアボダート(Avodart) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: Glaxosmithkline (GSK:グラクソスミスクライン)

0.5mg 30錠 1箱
販売価格:¥3,800
商品コード:217
0.5mg 30錠 2箱
通常価格:¥7,600
販売価格:¥7,200
商品コード:218
0.5mg 30錠 3箱
通常価格:¥11,400
販売価格:¥10,600
商品コード:219