0
¥0

現在カート内に商品はございません。

レビトラ個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


レビトラ
レビトラ

レビトラ

  • ブランド薬
  • 内服薬
  • ED(勃起不全)
商品コード: 31 ~ 37
カートに追加しました。
カートへ進む

レビトラとは?

バイアグラに次いで発売されたED治療薬
「効き始めが早い」特徴
軽い食事なら効きが弱くなり辛い

レビトラは何の治療薬?

レビトラ「勃起不全症」の治療薬です。
挿入に十分な勃起が得られない人や勃起の状態が維持できない人に有効です。

レビトラの主成分は?どんな作用?

レビトラの主成分は「バルデナフィル(Vardenafil)」です。
バルデナフィルがPDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)と呼ばれる酵素の働きを阻害し、ペニスへの血流量を増加させ、勃起をおこしやすくします。

レビトラの特徴

※当情報は同薬や同成分薬の添付文章、各国の医薬品情報サイト等を参照しています。
最新の情報等に欠ける可能性がございます為、予めご承知の上参考程度にご利用くださいませ。
医薬品の使用にあたりましては、必ず輸入した医薬品の添付文章を元に、医師等にご相談の上ご利用くださいませ。

レビトラは経口の勃起不全治療薬です。
バイアグラに次いてED薬として販売されていますので、世界で2番目に登場したED薬です。
国内では自由診療(保険適応外診療)として処方されています。

同じ経口ED薬のバイアグラやシアリスと比べると、飲み始めてから効き始める時間が早い事が特徴です。
バイアグラが約15分から、シアリスが30分以降というデータに比べ、レビトラは約11分から効き始めがあるとのデータがあります。 成分の血中濃度が最大になる時間(0.8時間程度)や効果の持続時間(4時間程度)はバイアグラとあまり差がない為、より早い効果の発現が最大の特徴といえます。

レビトラの飲み方(用法、用量)

レビトラの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

レビトラの輸入妥当量について

レビトラにつきまして、薬監証明(医薬品等輸入報告書)を必要とせず、個人輸入可能な数量につきましては「1ヶ月分」となります。
レビトラは1日1回(1日の投与は1回、24時間以上の間隔をあける)となっていますので1ヶ月分として「30錠迄」が輸入妥当数量と思われます。
(実際の判断は税関に依ります。詳細な情報をご希望の方は税関にお問い合わせいただけますようお願い致します。)

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

レビトラの保存方法は?

シートから開封せずに、室内の暗い場所(直射日光にあたらないような場所)に保管してください。
直射日光の当たらない暗めの部屋で室温保存してください。

レビトラの成分と働き

レビトラの主成分は「バルデナフィル(Vardenafil)」です。
バルデナフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)阻害薬というタイプの薬品に分類されます。

男性が勃起を起こす仕組み

ペニスは海綿体というスポンジ状の組織で出来ています。
男性が性的刺激を受けると、この海綿体に血液が流れ込み、結果、ペニスが膨張し、硬くなります。

cGMPとPDE5

性的刺激があった時、ペニスの神経等から一酸化窒素が放出されます。
この時、一酸化窒素によってcGMPという物質が活性化します。
cGMPは陰茎中の血管を拡張する働きを持つため、海綿体の毛細血管が拡張し、血液が流れ込む事で勃起が起こります。

一方、このcGMPはPDE5という酵素によって分解されます。
つまりPDE5が働く事によって勃起状態から通常の状態へ戻る(萎える)減少が起こります。

PDE5阻害薬とは?

バルデナフィルのようなPDE5阻害薬はこのPDE5の働きを阻害(邪魔)する事により、cGMPの活性化を助けます。
その為、レビトラは性的興奮を起こす薬ではなく、勃起を助ける薬であるといえます。
また、性病に対する予防を持つ薬でもありません。性病予防にはコンドーム等を正しく使用する必要があります。

レビトラの注意事項

レビトラには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「硝酸剤及びNO供与剤」「抗不整脈薬」「CYP3A4を阻害する薬剤」を使用している人は使用してはいけません
・最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞があった人は使用してはいけません
・重度の肝障害のある患者 等 必ず添付文書をご確認ください

注意事項
性行為は心臓へのリスクを伴います。心血管系の状態に注意をはらった上で使用してください。
勃起の改善薬であり、催淫剤又は性欲増進剤ではありません。
また、性感染症を防ぐ効果もありません。
持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が起こる可能性が少数報告されています。
勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けてください。
重要な基本的注意や併用注意薬等の記載が薬の添付文書に記載されています。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

レビトラの比較

レビトラと比較対象となる医薬品は同じ経口タイプのバイアグラシアリスが該当します。
比較結果をまとめました。ご参照くださいませ。
■経口ED薬の比較

レビトラの製造元

レビトラはバイエル(Bayer AG)が製薬しています。 バイエルはドイツに本部を置く、多国籍の製薬メーカーです。 日本でもバイエル薬品が完全子会社として存在します。
アスピリンを筆頭に、世界の製薬を率先してきたメーカーの1つです。

レビトラの個人輸入について

レビトラ (Levitra) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からレビトラ (Levitra) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ