0
¥0

現在カート内に商品はございません。

スポラノックス個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


スポラノックス
スポラノックス

スポラノックス

  • 内服薬
  • 水虫
  • トリアゾール系
  • カンジダ
商品コード: 177 ~ 179
カートに追加しました。
カートへ進む

スポラノックスとは?

トリアゾール系の抗真菌薬
白癬症やカンジダ症の治療に

スポラノックスは何の治療薬?

スポラノックストリアゾール系の抗真菌薬です。
水虫の様な白癬菌やカンジダ等の皮膚真菌症や内臓真菌症の治療に用いられます。

スポラノックスの主成分は?どんな作用?

スポラノックスの主成分は「イトラコナゾール(Itraconazole)」です。
イトラコナゾールはトリアゾール系と呼ばれる分類の抗真菌薬になります。
水虫やカンジダ等の原因となる真菌類は細胞膜により覆われています。真菌はこの細胞膜がないと生存していけませんが、イトラコナゾールはこの真菌の細胞膜合成を阻害します。

スポラノックスの特徴

スポラノックスはイトラコナゾールを主成分としています。
内服の カプセル剤タイプになります。

スポラノックスの飲み方(用法、用量)

スポラノックスの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

スポラノックスの輸入妥当量について

スポラノックスにつきまして、薬監証明(医薬品等輸入報告書)を必要とせず、個人輸入可能な数量につきましては「1ヶ月分」となります。
スポラノックスは「内臓真菌症、爪白癬のパルス療法において1回200mgを1日2回(1日量400mg)」となっていますので1ヶ月分として「120錠迄」が輸入妥当数量と思われます。
(実際の判断は税関に依ります。詳細な情報をご希望の方は税関にお問い合わせいただけますようお願い致します。)

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

スポラノックスの保存方法は?

室温保存とされています。
シートから開封せずに、室内の暗い場所(直射日光にあたらないような場所)に保管してください。

スポラノックスの成分と働き

スポラノックスの主成分はイトラコナゾール(Itraconazole)です。
真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を保持しています。
エルゴステロールの生合成を阻害し、真菌の発育を抑制または阻止することにより、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。

イトラコナゾールの適用菌種は?

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、マラセチア属、アスペルギルス属、クリプトコックス属、スポロトリックス属、ホンセカエア属

スポラノックスの注意事項

スポラノックスには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「ピモジド」「キニジン」「ベプリジル」「トリアゾラム」「シンバスタチン」「アゼルニジピン」「ニソルジピン」「エルゴタミン」「ジヒドロエルゴタミン」「エルゴメトリン」「メチルエルゴメトリン」「バルデナフィル」「エプレレノン」「ブロナンセリン」「シルデナフィル(レバチオ)」「タダラフィル(アドシルカ)」「アスナプレビル」「バニプレビル」「スボレキサント」「イブルチニブ」「チカグレロル」「アリスキレン」「ダビガトラン」「リバーロキサバン」「リオシグアト」を投与中の人
※他の禁忌事項、注意事項は添付文書をご確認ください

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

スポラノックスの比較

性病に用いられる薬剤の適応と種類を纏めました
■性病に用いられる薬剤の適応と種類

スポラノックスの製造元

タスティリアはヤンセンファーマ(Janssen)が製造しています。
ヤンセンファーマはベルギーに本社があるジョンソン・エンド・ジョンソングループに所属しています。
抗精神病剤や経口抗真菌剤を主軸に販売し、また、神経科学、感染症、腫瘍・免疫疾患、心血管・代謝系疾患を中心に開発を行っています。

スポラノックスの個人輸入について

スポラノックス (Sporanox) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からスポラノックス (Sporanox) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ