0
¥0

現在カート内に商品はございません。

カーネステンクリーム個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


カーネステンクリーム
カーネステンクリーム

カーネステンクリーム

  • ブランド薬
  • 外用薬
  • アゾール系
  • イミダゾール系
  • カンジダ
商品コード: 165 ~ 168
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

カーネステンクリームとは?

イミダゾール系の抗真菌薬
同系統では最初に開発された成分
膣錠(膣座薬)タイプ

カーネステンクリームは何の治療薬?

カーネステンクリームはイミダゾール系の抗真菌薬クロトリマゾールを主成分としています。
クロトリマゾールはカンジダや水虫やたむし、癜風など皮膚の真菌症によく使われます。
エンペシドと同成分となります。

カーネステンクリームの主成分は?どんな作用?

カーネステンクリームの主成分は「クロトリマゾール(Clotrimazole)」です。
クロトリマゾールはイミダゾール系と呼ばれる分類の抗真菌薬になります。
水虫やカンジダ等の原因となる真菌類は細胞膜により覆われています。真菌はこの細胞膜がないと生存していけませんが、クロトリマゾールはこの真菌の細胞膜合成を阻害します。

カーネステンクリームの特徴

カーネステンクリームはクロトリマゾールを主成分としています。
クリーム状の外用剤です。

カーネステンクリームの使い方(用法、用量)

カーネステンクリームの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

カーネステンクリームの保存方法は?

室温保存とされています。

カーネステンクリームの成分と働き

カーネステンクリームの主成分はクロトリマゾール(Clotrimazole)です。
真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を保持しています。
エルゴステロールの生合成を阻害し、真菌の発育を抑制または阻止することにより、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。
幅広い抗真菌スペクトルを持ち、抗真菌活性が強いほうです。
また、角質内貯留性が高いことが特徴です。

カーネステンクリームの注意事項

カーネステンクリームには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「クロトリマゾール」に対し過敏症の既往歴のある人
※他の禁忌事項、注意事項は添付文書をご確認ください

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

カーネステンクリームの比較

性病に用いられる薬剤の適応と種類を纏めました
■性病に用いられる薬剤の適応と種類

カーネステンクリームの製造元

カーネステンクリームはバイエル(Bayer AG)が製薬しています。
バイエルはドイツに本部を置く、多国籍の製薬メーカーです。
日本でもバイエル薬品が完全子会社として存在します。
アスピリンを筆頭に、世界の製薬を率先してきたメーカーの1つです。

カーネステンクリームの個人輸入について

カーネステンクリーム (CanestenCream) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からカーネステンクリーム (CanestenCream) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: Bayer (バイエル)

10mg 15g 1本
販売価格:¥2,100
商品コード:165
10mg 15g 2本
通常価格:¥4,200
販売価格:¥3,500
商品コード:166
20mg 30g 1本
販売価格:¥1,700
商品コード:167
20mg 30g 2本
通常価格:¥3,400
販売価格:¥2,600
商品コード:168