0
¥0

現在カート内に商品はございません。

レボクイン個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


レボクイン
レボクイン

レボクイン

  • ジェネリック
  • 第一選択薬
  • 内服薬
  • ニューキノロン系
  • クラミジア
商品コード: 135 ~ 136
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

レボクインとは?

ニューキノロン系抗生物質
マイコプラズマやクラミジアにも有用性を示す
日本国内でもっとも使用される抗菌薬成分の一つ
ブランド薬のクラビットに比べ安価

レボクインは何の治療薬?

レボクインニューキノロン系の抗菌薬です。
細菌の増殖に必要な酵素を阻害し、殺菌する事により抗菌作用をあらわします。
クラビットと同じ成分のインドジェネリック(同成分品)です。

レボクインの主成分は?どんな作用?

レボクインの主成分は「レボフロキサシン(Levofloxacin)」です。
レボフロキサシンはニューキノロン系と呼ばれる分類の抗菌薬になります。
ニューキノロン系の抗菌薬は旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。
レボフロキサシンはニューキノロン系の中でも特に活性が強く、呼吸器感染症の治療に適しています。
その為レスピラトリーキノロンと分類される事もあります。

レボフロキサシンは肺炎球菌の他、肺炎マイコプラズマ肺炎クラミジア等にも有用性を示します。
また、高濃度の物が性病である淋菌クラミジアの治療に用いられる事もあります。

臨床現場で長い期間使用されている事から、比較的安全性が確立されています。
現在国内で最も処方されている抗菌薬の一つといえます。
また、その実績から長期投与が必要な場合などにも用いられます。

レボクインの特徴

レボクインはレボフロキサシンを主成分としています。
同じレボフロキサシンを主成分とする医薬品としては日本でも承認されているクラビットがあります。
レボクインはクラビットのジェネリック(同成分品)といえます。同成分剤ではありますが価格が安価である事が特徴です。

レボクインの飲み方(用法、用量)

レボクインの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

レボクインの輸入妥当量について

レボクインにつきまして、薬監証明(医薬品等輸入報告書)を必要とせず、個人輸入可能な数量につきましては「1ヶ月分」となります。
レボクインは「1回500mgを1日1回」となっていますので1ヶ月分として250mg錠は「60錠迄」、500mg錠は「30錠迄」が輸入妥当数量と思われます。
(実際の判断は税関に依ります。詳細な情報をご希望の方は税関にお問い合わせいただけますようお願い致します。)

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

レボクインの保存方法は?

室温保存とされています。
シートから開封せずに、室内の暗い場所(直射日光にあたらないような場所)に保管してください。

レボクインの成分と働き

レボクインの主成分はレボフロキサシン(Levofloxacin)です。
細菌の遺伝情報物質(DNA)の複製を妨げることで、殺菌的に作用します。

レボフロキサシンの適用菌種は?

本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、結核菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

レボフロキサシンの適応症は?

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱

レボクインの注意事項

レボクインには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「レボフロキサシン」「オフロキサシン」に対し過敏症の既往歴がある人
・「妊婦」「妊娠している可能性のある人」「小児」
※他の禁忌事項、注意事項は添付文書をご確認ください

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

レボクインの比較

性病に用いられる薬剤の適応と種類を纏めました
■性病に用いられる薬剤の適応と種類

レボクインの製造元

レボクインはインドのシプラ(Cipla Ltd.)が製薬しています。 ムンバイに本社をおく、インド国内最大の後発医薬品の製造メーカーです。
製薬施設を10ヶ国以上、輸出国は150ヶ国以上と非常に世界でも非常に巨大なメーカーの1つです。

レボクインの個人輸入について

レボクイン (Levoquin) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からレボクイン (Levoquin) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: Cipla (シプラ)

250mg 100錠
販売価格:¥3,700
商品コード:135
500mg 100錠
販売価格:¥4,300
商品コード:136