0
¥0

現在カート内に商品はございません。

マレフェMTF個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


マレフェMTF
マレフェMTF

マレフェMTF

  • ピル
  • GID
商品コード: 106
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

マレフェMTFとは?

妊娠を助ける「黄体ホルモン」
ホルモンの不足による諸症状を緩和
男性ホルモンを抑える作用(MtF)

マレフェMTFは何の治療薬?

マレフェMTFは合成黄体ホルモン剤です。
天然の黄体ホルモンに近い自然な働きをします。また、中性脂肪を増やす作用が弱い事が特徴です。
生理不順や更年期障害など、黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こる症状の治療に用いられます。
また、男性ホルモンを抑える作用を持つ為、MtFのトランスジェンダーのホルモン療法に用いられます。
プロベラと同成分の医薬品です。

マレフェMTFの主成分は?どんな作用?

マレフェMTFは女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の「メドロキシプロゲステロン」を主成分としています。
黄体ホルモンは排卵後、2週間ごろより分泌され、子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整えます。
また、体温を上昇させ、妊娠を助ける働きをもちます。
妊娠した際は分泌が続き、子宮の環境を整えますが妊娠しなかった場合は分泌量が減少し、子宮内膜を排出させます(月経がおこります)。

生理不順や無月経など、ホルモンが不足、バランスがくずれている状態の回復や、黄体期が短い等の黄体機能不全による不妊の治療、流産の防止に用いられます。
また、メドロキシプロゲステロンは男性ホルモンである「アンドロゲン」の働きを抑制します。
その働きにより機能性子宮出血や月経異常にも用いられます。

また、男性ホルモンの働きを抑える事から身体的には男性ですが女性の心を持つ、MtFの性同一性障害の方の体の適合にも用いられます。

マレフェMTFの飲み方(用法、用量)

マレフェMTFの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

マレフェMTFの保存方法は?

室温保存となっています。
直射日光と湿気を避けて室温(1~30℃)で保存してください。

マレフェMTFの注意事項

マレフェMTFには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
「脳梗塞」や「心筋梗塞」「血栓静脈炎等の血栓性疾患」の既往歴がある人は使用してはいけません。
「重篤な肝障害」「肝疾患」がある人は使用してはいけません。
診断未確定の性器出血、尿路出血のある人は使用してはいけません。
※他の禁忌事項、注意事項等は添付文書等をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

マレフェMTFや女性ホルモン、性同一障害などに関連するニュース(外部ソース)

マレフェMTFの製造元

マレフェMTFはインドのWest-Coast Pharmaceutical Works Ltd.が製薬しています。
1965年に設立された、古くからある製薬メーカーです。
WHOのGMPやISO等、様々な国際機関の承認を得た工場で製薬を行い、40ヵ国以上の拠点を持つ大規模な製薬メーカーです。

マレフェMTFの個人輸入について

マレフェMTF (MalefeMTF) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からマレフェMTF (MalefeMTF) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ
10mg 100錠 1箱
販売価格:¥2,980
商品コード:106