0
¥0

現在カート内に商品はございません。

プロギノバ個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


プロギノバ
プロギノバ

プロギノバ

  • ブランド薬
  • 内服薬
  • ピル
  • GID
商品コード: 87
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

プロギノバとは?

女性らしい体を作る「卵胞ホルモン」
卵胞ホルモンの投与で更年期症状を軽減
MtFのホルモン療法にも

プロギノバは何の治療薬?

プロギノバは女性ホルモンの一種、卵胞ホルモンの「エストラジオール」を主成分とする医薬品です。
「女性ホルモン補充療法(HRT)」に用いられます。
また、トランスジェンダーの方へのホルモン療法(MtFの場合)としても用いられるケースがあります。

プロギノバの主成分は?どんな作用?

プロギノバの主成分は「エストラジオール」です。
女性ホルモンには「卵巣ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2種類がありますが、この内の卵巣ホルモンになります。
エストロゲンは8~9歳ごろから卵巣で分泌されます。
このホルモンの働きにより、女性ならではの体のつくりや乳房の成長や子宮・膣の発育が行われます。

プロギノバは身体的には男性ですが女性の心を持つ、MtFの性同一性障害の方の体の適合に用いられる場合があります。
女性ホルモンであるエストラジオールを投与する事により、自身の性自認に見合った体を作ります。
なお、MtFにおけるトランスジェンダー・ホルモン療法においてはホルモンの投与では時間がかかる事、声の変化や体毛の除去は起こりません。

プロギノバの飲み方(用法、用量)

プロギノバの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

プロギノバの保存方法は?

室温保存となっています。
直射日光と湿気を避けて室温(1~30℃)で保存してください。

プロギノバの注意事項

プロギノバには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
「血栓」や「乳癌」「子宮内膜癌」の既往歴がある人は使用してはいけません。
「妊娠」してる方、疑いがある方は使用してはいけません。
※他の禁忌事項、注意事項等は添付文書等をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

プロギノバの製造元

プロギノバはバイエル(Bayer AG)が製薬しています。 バイエルはドイツに本部を置く、多国籍の製薬メーカーです。 日本でもバイエル薬品が完全子会社として存在します。
アスピリンを筆頭に、世界の製薬を率先してきたメーカーの1つです。

プロギノバの個人輸入について

プロギノバ (Progynova) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からプロギノバ (Progynova) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ
2mg 56錠 1箱
販売価格:¥3,700
商品コード:87