0
¥0

現在カート内に商品はございません。

アイピル個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


アイピル
アイピル

アイピル

  • ジェネリック
  • 内服薬
  • モーニングアフターピル
商品コード: 102 ~ 105
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

アイピルとは?

緊急避妊薬
性交後72時間以内に服用

アイピルは何の治療薬?

アイピル「緊急避妊薬(事後避妊薬)」です。
モーニングアフターピルとも呼ばれ、望まない妊娠を避ける為、事後に服用し、受精卵の着床を防ぐホルモン剤です。

アイピルの特徴

※当情報は同薬や同成分薬の添付文章、各国の医薬品情報サイト等を参照しています。
最新の情報等に欠ける可能性がございます為、予めご承知の上参考程度にご利用くださいませ。
医薬品の使用にあたりましては、必ず輸入した医薬品の添付文章を元に、医師等にご相談の上ご利用くださいませ。

アイピルの主成分は黄体ホルモン、レボノルゲストレルです。
レボノルゲストレルにより排卵を抑制、遅延します。
モーニングアフターピルは性交後72時間以内に服用しないと効果が認めらません。
約80%の方に効果があるとされています。

モーニングアフターピルはWHOの必須薬に指定されていて、国際的にも標準的な緊急避妊方法として位置づけられています。

アイピルの飲み方(用法、用量)

アイピルの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

アイピルの輸入妥当量について

アイピルにつきまして、薬監証明(医薬品等輸入報告書)を必要とせず、個人輸入可能な数量につきましては「1ヶ月分」となります。
アイピルは1回2錠となっていますので最大で「60錠迄」が輸入妥当数量と思われます。
(実際の判断は税関に依ります。詳細な情報をご希望の方は税関にお問い合わせいただけますようお願い致します。)

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)

アイピルの保存方法は?

直射日光と湿気を避けて室温(1~30℃)で保存してください。

アイピルの注意事項

アイピルには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
「肝臓病」「心臓病」の人は服用してはいけません
併用薬によっては、避妊効果が低下するおそれがあります。
※他の禁忌事項、注意事項等は添付文書等をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

低用量ピルの比較

低用量ピルの違いを比較しました。ご参照くださいませ。
■低用量ピルの比較

アイピルの製造元

アイピルはインドののAcme Formulation Pvt. Limitedが製薬しています。
2005年に設立され、非常に多くの後発医薬品を製造してきたメーカーです。

アイピルの個人輸入について

アイピル (I-Pill) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からアイピル (I-Pill) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

エストロモンや女性ホルモン、性同一障害などに関連するニュース(外部ソース)

Powered by RSSリスティング

カテゴリ一覧

ページトップへ
1.5mg 1箱
販売価格:¥2,000
商品コード:102
1.5mg 3箱
通常価格:¥6,000
販売価格:¥2,700
商品コード:103
1.5mg 5箱
通常価格:¥10,000
販売価格:¥3,400
商品コード:104
1.5mg 10箱
通常価格:¥20,000
販売価格:¥5,500
商品コード:105