0
¥0

現在カート内に商品はございません。

トランサミンカプセル個人輸入通販センター
個人輸入通販センター


トランサミンカプセル
トランサミンカプセル

トランサミンカプセル

  • ブランド薬
  • 内服薬
  • 止血
  • 抗炎症
  • シミ・シワ・肝斑
商品コード: 309 ~ 312
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

トランサミンとは?

出血の予防・治療に用いる止血剤
肝斑の改善効果も

トランサミンは何の治療薬?

トランサミン「止血剤、抗炎症剤、肝斑治療薬」です。
薬のはたらきから抗線溶薬、抗プラスミン薬と呼ばれています。

トランサミンの主成分は?どんな作用?

トランサミンの主成分は「トラネキサム酸(TranexamicAcid)」です。
トラネキサム酸は必須アミノ酸のリシンをもとに人工合成されたアミノ酸の一種です。
炎症を引き起こす酵素であるプラスミンを抑制する作用をもちます。

トラネキサム酸は様々な作用をもつ為、多種の医薬品で使用されています。
代表的なものとして、抗線溶薬(止血剤)としては全身性線溶亢進を理由とする出血傾向、局所線溶亢進を理由とする異常出血の止血に用いられます。
また、抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つことから口内や扁桃腺、咽頭等の腫れや発赤の治療にも用いられます。

さらに、トラネキサム酸が抑制するプラスミンはメラニンの発生の原因(メラノサイト活性化因子)である為、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制します。
この事から肝斑の治療にも用いられます。

トランサミンの飲み方(用法、用量)

トランサミンの用法、用量についての説明につきましては処方に該当する恐れがございます為、控えさせていただきます。
かかりつけの医師にご相談いただき、ご利用いただけますようお願い致します。

トランサミンの保存方法は?

室温保存となっています。

トランサミンの注意事項

トランサミンには併用してはいけない薬や注意事項があります。

してはいけないこと(禁忌)
・「トラネキサム酸」に対し過敏症の既往歴のある人
※その他添付文書をご確認ください。

医薬品には副作用が存在します。副作用について知識と理解を深め、適切に使用する事が安全に薬を使う上で必要です。
かかりつけの医師の説明を受け、添付文書をご熟読いただき、十分にご理解の上ご使用くださいませ。

トランサミンの製造元

トランサミンは第一三共株式会社が製薬しています。
国内上位、世界でも20位に入る製薬メーカーです。
ワクチン・バイオ医薬品からOTC薬まで、さまざまな薬を製薬しています。

トランサミンの個人輸入について

トランサミン(TransaminCaps) の個人輸入とは個人(自分自身)の使用を目的として、国外からトランサミン(TransaminCaps) を輸入する事を指します。
個人輸入通販センターはお客様の面倒を省き、手軽に個人輸入ができる代行サービスです。お客様が海外の業者(ライセンスを持つ医薬品卸や薬局等)から輸入を行う仲介となります。
医薬品の輸入、使用にあたっては十分にご理解の上、当サービスをご利用いただけますようお願いします。

カテゴリ一覧

ページトップへ
250mg 100錠 1本
販売価格:¥3,000
商品コード:309
250mg 100錠 2本
通常価格:¥5,400
販売価格:¥5,000
商品コード:310
500mg 100錠 1箱
販売価格:¥4,700
商品コード:311
500mg 100錠 2箱
通常価格:¥9,200
販売価格:¥8,500
商品コード:312